オーストラリア在住主婦翻訳者のボヤキです。


by NAATI_Translation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

オーストラリアで運転するには。

オーストラリアで運転する場合は色々方法があるが、長所・短所を比較してみた。

日本の運転免許証と国際免許を携帯

長所 オーストラリア全域、他国でも使用可能。比較的安価 4,000円前後

短所 国際免許1年で失効。NT州では3か月以上滞在する場合は地元免許に更新する必要あり。免許センターに行かないと発行してもらえない。

日本の運転免許証と領事館発行の翻訳証明書

長所 安価に発行 $15前後。NSW州を除いて全豪で運転、免許書き換え可能

短所 領事館に直接持ち込んで発行してもらうか、また取りに行かなければならない。郵送不可。各領事館の管轄外の州では使えない。例えば、メルボルン領事館の管轄は、南オーストラリア州、ビクトリア州、タスマニア州のみ。

地元免許

長所 オーストラリア全域、ニュージーランド(12カ月間)で使用可能。身分証明証として使用できる。日本の免許証を携帯する必要がない。

短所 他州に引っ越すと3か月以降はその州の免許に書き換えなければならない。書き換える毎に免許発行料がかかる。

注意:地元免許を取得した時点で、オーストラリア国内では日本免許が失効する。地元免許で違反・減点になっても、日本免許に影響はない。しかし、地元免許があるにもかかわらず日本免許を提示したり、地元免許を携帯していなかったり、もしくは地元免許がはく奪されたにも関わらず日本免許で運転した場合は重罪になるので注意。オーストラリアはスピード違反、規定以上の飲酒運転、駐車違反にかなり厳しい国なので罰金も高額である。

日本の免許とNAATI認定翻訳書の携帯

長所 日本の免許証が有効な限り、翻訳書も有効。比較的早く発行される。メールだけで発行可。NSWNT州以外の全域で使用可能。NSW州以外で地元免許に書き換え可能

短所 比較的高価(相場$60$80と郵送費)、NSW州では使用不可

以上を踏まえると、ワーホリで各州に短期滞在しながらのラウンドを視野に入れている人は、国際免許証、それが失効したら翻訳書携帯が便利だろう。

NAATI翻訳に関するお問合せはLine ID naati_japaneseまで
運転免許証翻訳なら


[PR]
# by NAATI_Translation | 2018-01-28 22:21 | オーストラリア留学、ホームスティ

何故NAATI認定翻訳者でないとダメなのか?

ビザ申請、留学願書など、保険の払い戻し、法廷裁判など、オーストラリア国内では様々な場面で、NAATI認定翻訳、通訳者が求められます。

翻訳に限っていえば、例えば戸籍翻訳、運転免許証翻訳、卒業証明書、単位取得証明書などは、技術的には全く難しくありません。日常会話程度の英語ができる人なら誰でも簡単に翻訳できる程度の書類です。

何故、NAATI認定翻訳が求められるのか?それはNAATIが設立された移民国家ならではの経緯にあります。NAATIの認定を受けるためには、翻訳・通訳の技術的要素に加えて、職業倫理試験に通らなければなりません。倫理試験のポイントは「公平」「忠実」「秘密保持」「能力以上の仕事を受けない」等ありますが、一番のポイントは「公平」と「忠実」です。

オーストラリアは移民国家です。NAATIが設立される前は、英語が不自由な移民者に翻訳者・通訳者が必要な場合は、家族や友達が行っていました。これでは家族や友達に「不利」になるようなことは正しく翻訳・通訳されるはずがありません。つまりNAATI認定があれば、翻訳・通訳者は、個人的な情に流されず正確な翻訳・通訳を行うという保証なのです。

次に「忠実」性。オリジナルの文書やスピーチに忠実な翻訳や通訳を行うことです。これは、最初の「公平」性といわばセットです。オリジナルに「公平」であれば、余計な「付けたし」「省略」「言い換え(意訳)」を行わず、オリジナルに「忠実な」翻訳・通訳をすることになります。これを戸籍翻訳や住民票翻訳の例に当てはめると、「オリジナルには載ってないけど、旧姓(あるいは別名)をカッコ書きでいれてください。」や、「この部分は要らないので翻訳しないでください」といった依頼。もちろん「ルール違反なので」といってお断りしています。

翻訳通訳の技術に加えて、「公平」「忠実」が保証されているので、NAATI認定翻訳・通訳は、ビザ関連、留学、市役所、裁判、保険という公共サービスを受ける場面で求められるのです。

NAATI認定翻訳なら


[PR]
# by NAATI_Translation | 2018-01-28 22:17 | NAATI翻訳

翻訳エージェンシー

翻訳のグローバル化

最近のグローバル翻訳エージェンシーには、世界中から何千人という翻訳者が登録しています。顧客が翻訳を発注すると、案件がウェブページにアップされ、翻訳者が早いもの勝ちでその案件を担当します。つまり世界中に同じ言語ペアの翻訳家が3000人いれば、その3000人が翻訳者のライバルとなります。

各案件にはもちろん締め切りがあります。そして締め切りがかなり厳しいのです。作業を始めてから(案件を翻訳者が受注してから)30分、1時間などという場合もあります。もちろん、語数だけを考えれば締め切りは実現可能な範囲であるでしょう。

しかし、実際は思いもよらず時間がかかってしまう場合もあるでしょうし、私のように自宅で仕事をして、家族や子供がいれば30分や1時間の間に何かしら仕事を遅延させるようなアクシデントも起こり得ます。ですから私はこのシステムを採用しているエージェンシーの案件は、本当に暇で暇でしょうがないときにしか受けません。実労働が30分であったとしても、余裕をもった締め切りを提示するエージェンシーの案件を優先的に受け付けます。

このようなシステムでも上手く時間と折り合いをつけて翻訳する人もいるでしょう。しかし、エージェンシーには、毎日案件が多数アップされますが、ライバル達も多いので充分かつ定期的な収入源とは言えません。日本でも有名なGengoという会社のHPにも、英日翻訳家の平均収入は月平均4-5万円と発表しています。

今後、翻訳エージェンシーのグローバル化と翻訳の自動化はますます進むはずです。以前にも書きましたが、翻訳の自動化により翻訳家の報酬単価はどんどん下がり、翻訳エージェンシーのグローバル化で日本在住の翻訳家は通貨や物価が安い国に住んでいる翻訳家には報酬の面で太刀打ちできなくなるでしょう。そうなれば、翻訳者という職業は魅力のある職業とは言えなくなり、日本から翻訳者がいなくなってしまうこともあるかもしれません。


[PR]
# by NAATI_Translation | 2018-01-23 14:19 | NAATI翻訳

翻訳家の時給

翻訳の時給計算

とある翻訳エージェンシーの場合、報酬は時給で支払われます。この時給の計算は、このエージェンシーが使用するオンラインのCATを使用して、自動的に計算されます。ですから、翻訳家が実労働10時間であるのに、15時間と申請して5時間余分に報酬を得るということはできません。このエージェンシーの場合、基本的にオンライン上でアイドリングしていた時間は報酬が支払われません。リサーチに費やした時間は支払われないということになります。案件によっては、リサーチに時間がかかったわりには、実際の翻訳作業は短時間で済む場合もあり、そのようなときはかなり「損」をすることになります。実際には交渉しだいではアイドリング時間も支払われることもありますが、最初に見積もりし、同意した時間数以上は支払われることはありません。

時給は案件により異なりますが、だいたいが時給$20から$45の間です。オーストラリアの労働条件と比較すると、$20では最低条件以下ということになります。前回のポストでも述べた通り、レストランの皿洗いが時給$25であれば、少なくとも時給$30はいただきたいところです。

私はこの時給制が嫌いです。時給にすると、予定どおりの報酬をもらいたいがために、既に翻訳は完成しているにもかかわらず時間潰しにちょこちょこと作業をしたりするからです。一方案件につき固定報酬であれば、早く仕上げれば仕上げれるほど実質の時給は上がり、あらたな翻訳を受注することができ、気持ちの持ちようが全く異なります。たとえ結果的に報酬額が全く同じであったとしてもです。

このエージェンシーに限らず、最近のグローバルな翻訳エージェンシーは、翻訳家がオンラインで作業することがほとんどです。次回のポストではこのオンライン翻訳作業について書きたいと思います。


[PR]
# by NAATI_Translation | 2018-01-02 20:13 | NAATI翻訳

翻訳業は儲かるか?

翻訳業はもうからない。

一般論を言えば、「翻訳家はもうからず翻訳業の社長」は儲かるが本音です。

儲かっているフリーの翻訳家は、字幕翻訳ならこの人!という超有名なあの方とか、映画化された超有名小説シリーズを訳されたあの方とか、ごく少数だと思われます。最近は翻訳を受注するハードル(翻訳力)も、翻訳報酬単価もすっかり下がりました。

じゃー、実際あんたはどんだけ儲かってるの?と聞かれたら、、、わたくしの場合は主婦の小遣い稼ぎ(パート)だと考えればかなりいい値段だけど、一人で家族を養っていくには充分とは言えません。

そんなお茶を濁さないで、時給だといくらなの?と聞かれることもよくあります。これも、そのときどき、というしかありません。NAATI認定の証明書翻訳などは、時給換算すれば1万円を超えてしまいますが、かといって実際の料金が1件1万円でも、1日の売り上げ(日給)が(1日8時間労働として)8万円でもありません。

私はしがないフリーの翻訳家ですので、お客さんからの直接の翻訳注文のほかに各翻訳エージェンシーからも受注します。たいていの場合は案件につき値段が決まっているのですが、翻訳にかかる時間給で払われる場合もあります。一般文書は1時間2500円(1ドル100円計算)程度が相場で、1時間3500円だとラッキーなんて場合もあります。私はオーストラリア在住なのですが、オーストラリアはレストランのキッチンのお手伝いさんでさえ、時給が2500円の場合もあります。時給換算の場合はどのように、時給を計算するのか?それは別記事で。

実務翻訳の場合、英語か日本語で「専門分野」があると翻訳報酬も、注文も増えます。専門分野における背景知識がないと、インターネットや辞書を駆使したところで、正確な翻訳を行うことはできないからです。例えば私は、高校は理系で、オーストラリアで解剖学と生理学の基礎教科を履修したので、医療系コースのシラバスや、一般的な解剖学や生理学の教科書、パンプレット程度なら翻訳できますが、学術研究や学会で発表するレベルの翻訳はとても無理です。英語でも日本語でも原文が理解できないでしょう。しかし、理解できるのであればおそらく医師や、薬剤師等になっているはず。わざわざ報酬が低く、年収が安定しない翻訳家になる必要はありません。

話が少しずれましたが、私のように特に「専門分野」を持たない翻訳家のはしくれは、儲からないということです。これから翻訳家を目指そうとされるかたの参考になれば幸いです。


[PR]
# by NAATI_Translation | 2018-01-01 13:46 | NAATI翻訳